写真で見るデータ復旧 症状事例集

大阪データ復旧Osaka Data Recovery English Site大阪データ復旧 お問い合わせ大阪データ復旧 サイトマップ大阪データ復旧 会社概要大阪データ復旧 ホーム

写真で見る復旧障害事例

これまでに実際にご依頼のあったデータ復旧事例の中から比較的珍しい事例をピックアップし、写真で紹介しています。

RAID-5構成からのデータ復旧 ※NASも含む

大手企業様から依頼が多いのがこのようなラックマウント型のNASです。RAID5構成であることが多く、システム面でのメリットは4台中1台が故障してもデータは無事ということなのですが、2台故障してしまうと元通りにはできないというデメリットがあります。SCSI神話という言葉がありますが、RAID5もその冗長性のみが大きなメリットとして期待されがちで、いざ2台故障してしまうと、導入コストが高くダウンタイムが長いシステムであるという特徴はあまり認識されていないようです。写真は無事全データが復旧された実機ですが、これ以外にも他社で数百万円という見積額が提示され弊社で30万円程で復旧できた例もあります。

FUJITSU FM-5000SV MODEL550 タワー型サーバ SCSI HDDによるHardware Raid Dell PowerVault 745N ラックマウント型 Network Storage OS

MAXAttach(TM) network storage NAS4100 ラックマウント型 Hardware Raid FUJITSU PRIMERGY C150 タワー型サーバ SCSI HDD 4台構成

Buffalo HD-H1.0TGL/R5・1.0TB TeraStation HDD4台構成 Buffalo TS-1.0TGL/R5・1.0TB TeraStation HDD4台構成

IO DATA HDL-GT2.0 ( RAID-5 , HDD * 4 )

RAID-0(ストライピング)構成からのデータ復旧

RAID-0(ストライピング)とはこのケースでは2台のハードディスクを1台と認識させ、データ転送速度の向上やボリュームサイズの増大を目的として構築されたシステムで、市販パソコンでは珍しい構築方法です。データ保存時には1つのファイルを予め構築時に設定されたブロックサイズ毎に分割し分散保存されますので、データ復旧の際にはそれらを再結合する必要があります。写真は2台のHDDのうち1台は正常でしたが、もう1台が物理的に故障しており復旧工程としてはまずは故障したハードディスク内のデータを復旧し、さらに2台分のデータを1台分の状態に戻す解析措置が必要となった実例です。尚、RAID-0はわずかな障害でも正常稼動できなくなるため比較的障害レベルが低いまま持ち込まれることが多く、ほとんど場合復旧が可能です。

DELL PowerEdge 1400SC / Raid0+1 / HDD*4 IO DATA HDL-GT1.0 ( RAID 0 + 1 , HDD * 4 )

RAID-1(ミラーリング)構成からのデータ復旧

RAID-1(ミラーリング)とはこのケースでは2台のハードディスクに対して同時に同じデータの更新を行うシステムで、1台が故障しても他方のHDDにデータが残されるためハードディスクの故障によるデータロスを防ぐ目的で構築される方法です。ところが、このシステムにもいくつかの短所があり、同一ロットのHDDが複数搭載されいる場合に、ロット不良等で同時に全ドライブが故障する点と、製品専用のファイルシステム(フォーマット形式)が採用されることがある点です。しかしデータ復旧のチャンスはハードディスクの台数分あることもあり、最終的には非常に高い確率で復旧可能となります。

IO-DATA HDLM RAID-1 ※Linux 用ファイルシステム採用機 NEC Express5800 / 110Lb

IBM eServer xSeries 206 ( RAID-1, HDD * 2 )

ハードディスク内部のヘッド(データ読み書き装置)が損傷したノートパソコン

障害度合いが重いHDDの中でも比較的多いのがヘッドの障害です。パソコンのスイッチを入れるとカッチンカッチンというノッキング音を生じたりして、OSはもちろんBIOSでも認識されない状態になります。写真は実際に機能しなくなったアームを取り外したものです。他にもモータ障害や制御障害、内部構造障害など様々な症状がありますが、写真と同じノートパソコン用(2.5インチサイズ)ハードディスクの場合には東芝製とサムソン製の場合にはほぼ100%の確率で復旧が可能です。

リムーバブルメディアやフラッシュメモリからのデータ復旧

USB端子部が完全に折れて分断してしまったUSBメモリ(512MB) USB端子部が折れてしまったUSBメモリ

P-NAS(LAN接続型外付HDD)からのデータ復旧 ※RAID構成以外のみ

Logitec LHD-NAS120 Buffalo HD-120LAN
Linux上での日本語文字化け問題解消

BUFFALO LinkStation
LS-320GL

その他

他業者にてケース開封検査まで実施済みであったHDD HDDレコーダー(家庭用オーディオ機器)

TOSHIBA モバイルHDD 2GB MEHDD20A ( 1.8インチ )

データ復旧 価格表
復旧および症状事例
データ復旧サービスお申し込み方法

大阪駅前第4ビル 大阪データ復旧 0120-835-706


大阪データ復旧 〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4-1000号 大阪駅前第4ビル10階
tel. 06-6345-0523 fax. 06-6345-0524 free. 0120-835-706 e-mail. info@daillo.com

データ復旧に関するよくある質問と回答データ復旧料金あんない復旧データ納品方法
データ復旧サービス規約データ復旧サービス申込書ご依頼手順 - お持ち込み
ご依頼手順 - 郵送・宅配便お客さまの声会社概要お問合せアクセスサイトマップ
復旧不可なら調査費以外無料
データ復旧サービス メニュー
    大阪データ復旧 ホーム
    お客さまの声 new
    データ復旧 料金表
    持ち込みでの申込の流れ
    宅配便での申込みの流れ
    復旧データの納品方法
    よくある質問と答え
    サービス規約
    お申し込み方法
データ復旧サービス メニュー

データ復旧サービスご利用後のお客さまの声
データ復旧サービスをご利用の企業・大学・個人様からの声が多数

最短即日で復旧データを納品
スピード納品・最短即日・見積無料

24時間有人警備・万全のセキュリティ
24時間有人警備・セキュリティ・機密保持

RAIDのデータ復旧にも対応